こだわるべき快眠アイテム

すっきりとした目覚めに

ベッド

疲労回復や症状改善に重要な役割を持つ睡眠は、効果を高めるための正しい姿勢を意識しなければなりません。
普段使用している布団がいちばんと考えがちですが、実際は体に負担がかかっているケースも多々ありますので、1度は見直してみるべきでしょう。
睡眠の改善策として注目されている高反発マットレスは、体の負担を減らすことですっきりとした目覚めができると話題となっています。
睡眠という簡単な取り組みで身体をケア出来る抗反発マットレスは、疲労やストレスを蓄積しやすい現代人に最適なアイテムだといえるでしょう。
低反発マットレスと比較した場合、高反発マットレスは沈み込みがないため、肩や腰など痛めやすい部分に負担がかかりません。
寝起きがだるい人は睡眠中に負担がかかっているケースがありますので、ふかふかの布団にこだわらず、高反発マットレスも候補に入れるべきです。
高反発という言葉には硬いというイメージもありますが、実際は適度に調整されていて、心地よく眠ることができます。
また、お手頃価格も高反発マットレスの特徴で、例えば安価なタイプは1万円以下で購入でき、上位モデルでも10万円前後で選定可能です。
価格は機能の違いで差がついていますので、必要な部分のみをチョイスし、ムダなく選択できる点もポイントといえるでしょう。
タイプは通気性重視やリバーシブルなどが用意され、中には洗える高反発マットレスも登場しています。
いずれも通販で簡単に購入でき、自宅にいながら選べるという点も魅力の1つです。

正しいお手入れ方法とは

横になる女性

高反発マットレスは、高い反発力を持ち、耐久性にも優れているのが魅力ですが、長期間使用すれば、いつかは反発力が低下していきます。
高反発マットレスを長持ちさせて、その寿命を伸ばすためには、日頃からきちんとお手入れをしながら、使用していくことが大切です。
マットレスを長持ちさせるためには、定期的に上下や裏表を入れ替えるのが、効果的な方法だといわれています。
毎日同じ位置に、体重がかかり続けていると、その部分の反発力が低下しやすくなってしまうため、定期的に入れ替えをして、圧力を分散させる、という方法です。
それほど頻繁に入れ替える必要はありませんが、3ヶ月間に一回程度、裏返しにしたり、上下を替えていくと、マットレスの寿命が長くなるとされています。
反発力を長持ちさせることも大切ですが、寝具の寿命にとっては、湿気対策も重要なポイントとなるでしょう。
一般的な布団は、天日干しをして湿気対策を行いますが、高反発マットレスの場合、あまり外に干さない方が良いといわれています。
高反発マットレスは、折りたたむことが難しいため、庭やベランダに干すことが出来ない、という場合も多いでしょう。
高反発マットレスの湿気対策としては、湿気取り用のパッドなどを使用すること、日中に壁に立てかけて、通気性をアップすることなどが挙げられます。
基本的に、高反発マットレスは通気性が良い製品ではありますが、こうした対策を行っておくと、より長く清潔な状態を維持できるでしょう。

素材も考える

寝具

寝具選びは健康のために重要なことです。
特にマットレスについては寝ている間、体を支え続けていることとなるため続適切なものを選ぶことがポイントです。
腰痛改善に効果が期待できるマットレスとして、高反発マットレスが挙げられます。
これはマットレスが持つ高い弾力性が、寝ている間マットレスに沈み込んでくる体を、ある一定の地点で押し上げてくれるのです。
そのため、寝ている間の姿勢が改善されることから、腰痛の改善に効果が期待できるというものです。
そのため、低反発マットレスよりも柔らかさが失われます。
高反発マットレスであれば何でもいいというわけではなく、寝ている間にマットレスに対して均等に体重が分散できるかということがポイントとなります。
つまり、高反発マットレスを選ぶときにまず大事になるのは体重であるといえます。
体重の軽い人が極端に強い高反発マットレスを使用すると、かえって体重分散がうまくいかずに体に不具合が生じる可能性があります。
そこで、選ぶときに重要になるのはマットレスの耐久性が挙げられます。
耐久性が低いと、いずれ体重を支えることができなくなるので、腰痛の悪化につながる可能性があります。
そのためマットレスを選ぶときには、耐久性という観点から探すことが大事です。
また、どのような素材が使われているかということがポイントとなります。
耐久性の高い素材としてはばねのようなボンネルコイルやウレタンフォームが挙げられます。

体が沈みにくい

ベッド

高反発マットレスは全体的に固くなっているマットレスの事で、寝返りを打ちやすい等の点から腰痛の人でも利用しやすい物となっています。また体が沈み込んでしまいにくいので、背骨の形も維持しやすいというのも、高反発マットレスの大きな特徴です。

もっと読む

フィット感が必要です

マットレス

高反発マットレスを選ぶときには自分の体形に合ったものを選ぶことが大切です。そのため、しっかりとした反発力があることと、硬さも自分の好みに合わせて選ぶことが大切です。そうすることで腰痛の人も楽に睡眠をとれるようになり、寝返りも打ちやすいです。

もっと読む

ウレタンフォームを選ぶ

眠る女性

睡眠の質を向上させて、心身の疲れを明日に残さないためのグッズが、高反発マットレスです。高反発ウレタンフォームを使っているマットレスは、断熱性があるので、寒い季節も暖かく眠れますし、寝返り補助効果もあるので、腰痛防止にもなります。

もっと読む